ABOUT

深大寺短編恋愛小説公募事業「深大寺恋物語 入選作品集 オンラインショップ
深大寺短編恋愛小説公募事業「深大寺恋物語 入選作品集 オンラインショップ

関東有数の古刹である天台宗別格本山「深大寺」の発祥は、その名前の由来でもある「深沙大王」という神様にまつわる「縁結び」の物語に由来する、と伝えられています。 「深大寺」という歴史あるお寺、その門前に位置する数多くの「そば屋」や「お土産屋」、そして「東京都立神代植物公園」をはじめとする、その界隈の「豊かな自然や花と緑」を盛り込んだ、現代のラブストーリーを2004年から毎年募集しています。 その入選作品集をこちらで販売しております。 現在、1回~第8回深大寺短編恋愛小説公募事業:入選作品集「深大寺恋物語」が、好評発売中です。 直木賞作家で、当公募の審査委員長を務めていただいている村松具視先生の、各回の最優秀賞への評価の抜粋をまとめてみました↓↓↓ 【第壱集】 悲しさにユーモアを対峙させ、ちょっと類にない味わい。 【第弐集】 全力少女たる主人公の個性が創作の世界の中で生きている・・・ 【第参集】 眩暈のような時間。名前、色の辞典、幻想の少女・・・が効いた工夫のある作品だ。 【第四集】 二人の語り手が交互に主観を綴る呼吸は、ロンド形式やフーガの技法を思い起こさせ、作品の味わいに拍車をかけてくれる。 【第伍集】 お互いに空洞をもつ同士なのに、その空洞を埋め合う関係になれぬ、もどかしさの連鎖・・・ 【第六集】 ある時間の推移を丁寧に追いながら、そこに読み手の想像をそそるいくつかのポイントを作り、光や音や色についての表現が魅力的で・・・様々な点で抜きん出ていた。 【第七集】 候補作品中、もっとも上質な文章であり、若い女性の恋心が、いくつかの小説的仕掛けともなって紹介されていく。・・・レースのような肌合いの作品だった。 【第八集】 桜の花びらをべったりと貼りつかせた”ウェッジソール”がこの作品のテーマや構成の上でのキーワードだ。文章のテンポもよく、場面によっての色合いの変化もある。 若い世代の断面を描き切ったとは言えないが、私には読んで楽しい作品だった。 【第九集】 この作品のテーマというかキーワードは〝嘘〟ということになるが、実はこれ、下手にいじれば大けがの元となりかねぬ、なかなか厄介な世界なのだ。 そんなことを心配して読んだが、意外にすんなりとクリアできているのは大したものだ。